カメラマンです、人は見かけによりません


by enlk9b7yii

カテゴリ:未分類( 55 )

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第2回】(11)

 《目撃者として出廷した証人の男性に対する検察側の証人尋問が続く。加藤智大(ともひろ)被告(27)がトラックで突っ込んだ後、ナイフを持った加藤被告と至近距離で向かい合ったという証人。生々しい証言に傍聴人たちは息をのむ》

 検察官「ナイフを持った者が移動した後、どういうことがありましたか」

 《「ナイフを持った者」は加藤被告のことだが、事件当時、証人は加藤被告と認識していなかったことに配慮し、検察官はあえて「ナイフを持った者」「ナイフの人物」などと表現しているようだ》

 証人「細かくジャンプしながら、南の方へ向かっていきました。直後に私の隣にいた人が『刺された、刺された』と何度もいっていました」

 《ここで証人の男性は検察官に促され、「刺された」と話していた被害者の位置を「5」と書き込む。その地図が法廷の大型モニターに映し出される。証人がそのとき、いた場所のすぐ近くだ》

 証人「その人はベルトの上の部分を抑えながら『刺された』と何度もいっていました。だけど、私が見たときは血が出ていなくて、普通に会話していたので、『大丈夫ですか、座った方がいいですよ』と声をかけました」

 検察官「『5』の人はあなたが勧めた通り座りましたか」

 証人「何回か言ったら、座りかけたのですが、そのとき、携帯電話の販促の方(販売促進PR要員)だと思いますが、緑のジャンパーを着た人が布を持ってきたので、私は『5』の人を預け、ナイフの人物を追いかけていきました」

 検察官「あなたが見た(ナイフの)人物は声を上げていましたか」

 証人「全然上げていませんでした」

 《加藤被告は相変わらず身動きをせずに検察官と証人の男性のやり取りを聞いている》

 検察官「あなたは『5』の人の処置を託してどうしましたか」

 証人「まず『ナイフをどうにかしなければならない。人がたくさんいる駅に行ったら大変なことになる』と思いました。『ナイフだったら商店街に置いてある液晶テレビとかで防ぐこともできる』と思い、身を守るものを探しながら、(ナイフの者を追って)中央通りの真ん中を歩いて南の方へ向かいました」

 検察官「その後、あなたはナイフの者を見ましたか」

 証人「見ました」

 検察官「再びナイフの人物を見た位置を、『う』の字をまるで囲って書き込んでください」

 《証人の男性は、交差点から中央通りを少し南へ行った歩道の部分に赤いボールペンで書き示した。さらに自分がいた位置にもマークを付けた。その位置は、ナイフの人物が立っている位置のすぐ近くだ》

 検察官「そのとき、ナイフの人物は何をしていましたか」

 証人「ナイフをかざしながら警察官と闘っていました。警察官は至近距離で向き合いながら、黒い警棒で対峙(たいじ)していました。(ナイフと警棒が当たる)『カンカンカンカン』という音が何度もしました」

 検察官「あなたは(警棒を持っている人が)警察官だと分かりましたか」

 証人「服装で分かりました」

 検察官「ナイフの人物は警察官に何をしようとしていましたか」

 証人「警察官を刺そうとしたり、切り付けようとしたりしているように見えました」

 検察官「時間的にはどのくらい見ていましたか」

 証人「1、2秒…5秒くらいの感じでした」

 検察官「現場では、あなたは至近距離でナイフの人物を2回見たことになりますね」

 証人「はい、そうです」

 《証人は、秋葉原の交差点内で加藤被告と対峙したときと、加藤被告が警察官と格闘している様子を見たときの合わせて2回、至近距離で見たことになる》

 検察官「あなたはナイフの人物を(再び)見れば分かりますか」

 証人「分かります」

 検察官「法廷にいる被告がナイフの人物に間違いありませんか」

 《証人の男性は被告人席に座っている加藤被告をしばらく見つめる》

 証人「間違いないと思います…」

 検察官「あなたはナイフの人物を当日も(警視庁の)万世橋署で見ましたか」

 証人「はい」

 検察官「そのときの記憶で、(万世橋署で)見た人物とナイフの人物は同じでしたか」

 証人「同じでした」

 《証人は、事件後に万世橋署に行き、みたび、逮捕された加藤被告を見たようだ》

 検察官「話を戻します。あなたは警察官とナイフの人物が闘っている姿を見た後、どうしましたか」

 証人「被害がこれ以上は広がらないだろうと思い、交差点に戻ろうとそちらに向かいました。そうしたら途中で中央通りの横側に人が集まっていました。そこからは『(救命のための)AED(自動体外式除細動器)を持ってこい』『布で覆え』という声が聞こえてきました。そちらに行ったら真っ赤な血の海があって…」

 《はっきりした声で検察官の質問に答え続けていた証人の男性だったが、急に声を震わせた》

【関連記事】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(3)「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(4)「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(5)「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み 秋葉原17人殺傷第2回ライブ

沖縄連絡室長に瀧野副長官=政府(時事通信)
<奈良県議会>東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり(毎日新聞)
当意即妙…首相演説に野党議員ヤジ連発(産経新聞)
参院選後に中央省庁再編、首相が表明(読売新聞)
16歳の少女を2カ月も“支配” 33歳男のゆがんだ欲望(産経新聞)
[PR]
by enlk9b7yii | 2010-02-01 22:56
 【カトマンズ、ビナヤ・グルアチャリャ】ネパールの麻薬捜査当局は26日、大麻10キロ(末端価格約1900万円相当)を所持していたとして、日本人の男を25日に逮捕したと明らかにした。

 当局によると、男は大阪府出身のワタナベ・ケンジ容疑者(24)=漢字表記不明=で、スーツケースに大麻を隠し、ドーハ経由アムステルダム行きの航空機に搭乗しようとしていた。同容疑者は18日にインドからネパール入りし、欧州から日本へ帰国するための航空券も所持していた。

 ネパールでは、大麻所持罪は10年以下の懲役に科せられる。

【関連ニュース】
覚せい剤使用:千葉県警佐倉署の警部補を起訴 東京地検
赤坂晃容疑者:覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検
覚せい剤:10キロ押収 2容疑者逮捕 警視庁
覚せい剤使用容疑:警部補が認める供述 警視庁
覚せい剤:使用容疑で千葉県警の警部補再逮捕 警視庁

郵便局強盗300万奪う=電車で逃走図り御用−千葉県警(時事通信)
3兆円減の予算対案=財政再建を強調−自民(時事通信)
篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も−警視庁(時事通信)
2次補正採決、自・共「反対」公・み「賛成」(読売新聞)
市川海老蔵さん 小林麻央さんとの婚約で会見 挙式は7月(毎日新聞)
[PR]
by enlk9b7yii | 2010-01-31 06:11
 産業医科大学産業生態科学研究所の大和浩教授による都道府県庁の喫煙対策状況調査によると、庁舎内禁煙化について「検討後分煙」となった自治体が11都県あった。大和教授は、この姿勢を問題視している。

 昨年3月に出された厚生労働省の「受動喫煙防止対策のあり方に関する検討会」報告書では、今後の受動喫煙防止対策の基本的な方向性として「多数の者が利用する公共的な空間については、原則として全面禁煙であるべきだ」と規定。行政は、全面禁煙とすべき施設を提示することが必要とし、その例として官公庁や公共交通機関などを挙げている。

 大和教授は、この方針にのっとると、都道府県庁は分煙でも不十分という考え。「全面禁煙をやれている自治体もあるのに、あきらかにおかしい」と話す。

 官公庁とともに、最近、禁煙化が急速に進んでいるのがタクシーだ。法人タクシーの事業者団体、全国乗用自動車連合会の調査によると、全車禁煙に踏み切った自治体は昨年11月1日現在で37都府県。台数ベースでは、平成20年度で法人タクシーの約7割にあたる約16万1700台にのぼった。

 一方、三大都市圏では大阪だけが未実施となっている。

 大阪タクシー協会が19年7月、加盟約150社に行ったアンケートでは、7割以上が「府内全域の一律禁煙化」に反対したという。屈指の激戦区で、客離れやトラブルを心配する事業者側の心情がうかがえる。

 だが、大和教授は「まったくの杞憂(きゆう)。全車禁煙を行って、客離れが起きているというところはない」と断言する。

 大阪市東淀川区のタクシー会社「国際興業大阪」(保有548台)は20年2月、大阪府内の会社で初めて全車禁煙に踏み切った。客や従業員の健康維持とともに、18年11月から数台試験導入した禁煙車が好評だったことも後押しとなった。

 「当初はクレームへの不安もありましたが、大きな問題はなく、逆に『子供を乗せるのでよかった』などと好評を得た」と同社。「客離れも考えたが、やってみて、全車禁煙で売り上げが減ったということはありません」と話す。

 拡大を続ける禁煙タクシー。導入は、もはや時代の流れなのかも。(U)

【関連記事】
禁煙タクシーは時代の流れ?客離れは「杞憂」
たばこ税 「健康」を名分に税制改正の目玉に 
たばこ増税、財源確保になるか? 嫌煙派VS喫煙派
禁煙後進国ニッポン
住みにくい世の中になった…喫煙者のつぶやき

<掘り出しニュース>牧場の扉、基地…新幹線の駅名にも−-地名の「戸」の由来って何?(毎日新聞)
<総務省>58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分(毎日新聞)
防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)
[PR]
by enlk9b7yii | 2010-01-29 19:10
 25日、東京・永田町の民主党本部で、東京地検特捜部の事情聴取後初めてとなる定例記者会見に臨んだ同党の小沢一郎幹事長。

 事情聴取を受ける前のような強気な口調はなく、質問に深くうなずきながら一言一言を確認するように答えたが、事件を巡って浮上している数々の疑問点については、簡単な説明にとどまった。

 焦点となっている東京都世田谷区の土地購入代金の原資4億円に、小沢氏の家族名義の口座から引き出した資金が含まれていたとしていることについて、小沢氏は記者会見で、自身の病気がきっかけだったと説明したが、これが家族への贈与なのか、単なる「名義借り」だったのかについては言及しなかった。

 また、家族名義の口座から引き出した資金を自分の事務所の金庫に保管していたことについては、「政治資金と私的な資産は明確に区別している」と述べたが、どう区別していたかについても触れなかった。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」は問題の土地の代金を支払った後、4億円の定期預金を組み、これを担保に小沢氏名義で同額の融資を受けていた。小沢氏自身も融資の関係書類に署名していたが、小沢氏はこの点について「私自身としては(土地を)買うという方向性を決め、自分の資金を提供したというところまでで、(秘書が)具体的にどう事務を取り扱ったのか、どのように相手方と交渉したのか、一切報告をしろと言ってないし、信頼して任せていた」として、詳細は知らなかったと主張した。

 一方、党内に捜査当局をけん制するような動きが出ていることについて問われると、「そのことについて、一切党内に指示も意見も言っていない」と述べた。

小沢幹事長、聴取後に会見 「不正な金受け取っていない」(J-CASTニュース)
小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
フジTV「銀座めざマルシェ」内覧会 全国の物産品2万点販売へ(産経新聞)
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…(産経新聞)
[PR]
by enlk9b7yii | 2010-01-28 17:11
 日本の領土などに関する書籍を高額で売りつけたとして岡山県警組対1課は21日にも、東京都北区に本社を置く出版社の岡山営業所に対し、恐喝容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は営業所員数人の逮捕状を請求しており、同営業所と本社など関係先数カ所を家宅捜索する。

 捜査関係者によると、この出版社の刊行物は1冊5万円前後と高額で、複数の購入者から被害届が出ているという。営業所員らは電話や訪問などで書籍購入を勧誘、断られると暴言を吐くなどして複数人から書籍代として計数十万円を脅し取った疑いがあるという。

 県警は、会社ぐるみで強引な販売が行われた可能性もあるとみており、組織犯罪処罰法違反容疑での立件も視野に調べを進める。

 出版社のホームページによると、同社は資本金5億円で設立。本社のほか、東京、関西、中部に支店を置き、岡山、仙台、福岡に営業所がある。【石戸諭、石井尚】

【関連ニュース】
鳥取の恐喝未遂:元警察官に有罪判決
恐喝未遂:ハンカチ会社から現金を脅し取ろうとした疑い、男を逮捕
恐喝:女性を脅し続け横領金むしる? 容疑で再逮捕

小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)
足利事件 テープ再生 「虚偽自白」生々しく(産経新聞)
千葉に猪口元少子化相=参院選で7人公認−自民(時事通信)
[PR]
by enlk9b7yii | 2010-01-26 23:26